逆柱いみりの漏電銀座【ぬばたまの世界】制作レポ 上

お問い合わせは
こちらまで♪

090-3912-2348(石倉)

逆柱いみりの漏電銀座【ぬばたまの世界】制作レポ 上

15年位前、下北沢のヴィレッジバンガードで『MaMaFuFu』(马马虎虎)を手に取る。つげ義春のねじ式を拡大した様な作品。暗い湿った印象は無い。かなり感銘を受ける。
彼の作品を見ると音楽的な表現が頻繁に出てくる。作者はどんな音楽に興味あるのだろう?
もし、この作者が音楽を作ったならどんなものが出来るのだろうかと想像することはとても楽しかった。
そして、それが実現することになるとは思わんだった。

【2019/7/5】
自らを不遇のグラムロックバンドだと称する『ダンボール・バット』のリーダー、アミさんとマスタリング作業
彼のバンドの最新のCDをくれた。「あれ?このジャケットって逆柱いみりさんですか?」
アミさんは、いみりさんと知合いで前作のアルバム・ジャケットを担当してくれたらしい。
話を聞くと一緒にLiveやったりもしてる。次回、大久保で対バンライブをやると言う、見に行くことにする。

【2019/10/6】
バイクで大久保へ、ひかりのうま。ダンボール・バットとの競演
逆柱いみり氏率いる『漏電銀座』の出番、なんとギターはボ・ディドリー・モデル、New Waveなフレーズ沢山。
それにしても詩が凄い。歌詞カードがあるのであれば読んでみたい。二人の女性リズム隊も真面目そうで好感が持てた。
演奏終了後さっそく声をかける。温和な人。
今までにCDR数枚出したことはあるが、ちゃんとリリースしたことは無いと言う。
なので、ちゃんとしたCDを制作したいとのこと、意気投合!
さっそく次回会う予定を決める。
Devo、Talking Heads、Televisonなどの作品に興味があると言う、私の青年時代に傾倒した音楽でもある。

【2019/11/23】
高円寺北口にあるスタジオ・コヤーマへ行く、漏電銀座の3人が通し練習をしている。
ライブ直前なのだろうか、しかし聞いてみたら私と会うんでせっかくだから練習していたそうだ。
バンド演奏は音が小さめでアンサンブルがはっきり確認できた。そしてリズム隊の二人とも改めてちゃんと挨拶。
タクシーに乗ってOTOlabへ🚕
色んな話。漏電銀座のこれまで録音物を全て聞く。へー面白いことやってるなー。
メンバーは3月末までに録音完了させたい意向

【2019/12/9】
以前はバンド録音の場合でもOTOlabでリズム隊の録音をしていたのだが、狭いしあまり大きな音が出せないので外部の広いスタジオを使うことに。
スタジオ・コヤーマへ、ここは練習スタジオなのだが録音ブース、コントロール部屋がある。それなりに使いやすいそれ
メンバーの話によると、いみりさん朝方イジケテいたらしい。不安、でも会ってみると大丈夫だった。
各曲のテンポを書いてある紙もらう、おっと、ちゃんとしてるんでビックリ!
MacBook Proが立ち上がらず焦った。
まずはベーシックとなるリズム隊と仮歌の録音、クリックに合わせる
いみりさんガイドとしてギター、歌頑張る。かなり天才的な印象
ベース牧野さん、堅実なライン。中心人物と判明!
ドラムの西ケ谷さん計算されたスティックワーク、独特のフレーズ。
予定よりも沢山録れた。どれも時間が短い曲ばかり。
この日の作業でここまで。
IMG_4527 IMG_4530 IMG_4523 IMG_4521

【2019/12/10】
前回のベーシック録音したものを仮ミックス
音源をアップしメンバーに連絡
ドラムの分離が思ったより良くなかった。電気的に修復する。
でもモノっぽい定位も良いかな?
あらためて聞いてみると、この時点で、かなり面白いバンド・サウンド
ダビングのアイディアが出まくる
メンバーの反応が気になる。

【2019/12/18】
いみりさん個人所有のMTR調査作業、あれ?いつこのMTRが私の手元に来たのか覚えていない
この機械の中にバンドメンバーで録ったデモ音源や、いみりさんの個人的なデモ曲が沢山入っている。
使えるものは使おうと言うことに。
全部のカードにナンバリング、カード内のタイトルを書き出す。曲数が多いなー。
貰ったメモを見つつMTRの小さなディスプレイを覗く。やり方は段々分かってきた。
タイトルが機械的なのでどの曲を再利用するか分かりにくい。全部音源を聞かないと。
簡単にパソコンに移植出来ると思っていたが結構複雑
それと、機械自体が経年劣化でボタンが反応しなかったりカードが読み取らなかったりと困難な状況が続く
うーん、この作業は引き受けなければ良かったと後悔・・・

【2019/12/19】
MTR調査、昨日の続き
ターゲット曲の楽器リストをメモる。
書出しするもやたら時間かかる・・バグ?
私のCubaseと同期させてワントラックづつ取込む。なんか前世紀に戻ったよう。
それと、どの曲も歌トラックが存在しない。
いみりさんから早く返信来る。
諸々細かい注文。やる気満々なのが嬉しい。
このMTR調査に関するリクエストも沢山ある。
あまり連絡しまくらない方が良いのか?

【2019/12/20】
MTRとさらなる格闘!
うーん存在しないトラックが気になる。
エラートラックもあった。諦めるしかない。
それにしてもオリジナルMIX案外良い
ドラムは良い音で録れてる。
とりあえず原始的な方法だけど課題曲は取り込めた。
今度、仮ミックスする。初期ミックスを超えられるか?また必然性はあるのか?

【2019/12/24】
MTRから取り出したドラムとベースのミックス→アップ&メール

【2019/12/29】
いみりさんOTOlabに定刻通りやって来る。自分の楽器を持ってこない!潔いね。
ギター、ウチのテレキャス、アンプ使用
中々、決定テイクが出ない。落ち着かないのか?
途中、弦切れる→全弦を張り替える。
仮歌も全曲入れ替えてもらう。
最後にリードギターを。Fuzz使用、Robert Frippみたい。
楽しい作業だった。また来て欲しい。

【2019/12/30】
昨日の仮ミックスをする→アップ
作業していてバンドの特異さを感じる。
2019年の作業はこれで一旦お仕舞い。